つぶやき

双子のパンダの話

以前テレビで見た、双子のパンダの話。
パンダは、双子を出産しても、一頭しか子育てをしないんだそうだ。

おっぱいをあげるのも、世話をするのも、一頭のみ。
もう一頭は、生きていくことができない。

動物園では、その一頭を人間の手で育てるんだけど、母親に見捨てられた仔パンダは自信を失くし、餌を充分に食べることができないんだ。

「どうせ僕なんか・・・」「ぼくなんていなくてもいいだ・・・」って。

だから、まず愛情を与えて自信を持たせてあげることが大切で、
自信が持てるようになると、自分からご飯を食べるようになるし、楽しい遊びを覚えるようになる。
そして、強い子に育っていくんだって。

私はこのテレビを見てね、何でもうーちゃに結びつけるんだけど、

当時まだ小さくて華奢だったうーちゃが、強く、たくましく生きられるように、
「自信」をつけさせてあげようと思ったの。

臆病で警戒心が強くて、すぐ逃げちゃうようでは、強く生きられないよ。
うさぎは、「やんちゃ」なくらいが丁度いい。

それから、うーちゃをいっぱい褒めて、

いたずらしても、「成長したね」って言って、

カクカクしたら、「カッコイイ~」って持ちあげて、



そして、気づいたら、



立派な ちっこうさぎになってしまいました。

 
 
 
ここらで、教育方針を変えようと思っても手遅れだけど、
それでも、うーちゃが強く生きてくれればいいんだ。

 

web拍手·ひとことコメント

|

鏡の話

ふと思った、鏡の話。

うーちゃに鏡を見せると、「こわい、こわい」ってすぐに顔を背ける。

「何かいる!毛もくじゃら~!」って思うんだろうな。
お母さんも鏡の中にいるのにね。

この子、うーちゃ なのよ。

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

 
私は、初めて自分の顔を 鏡で見た時のことを覚えています。
鏡が棚の上にあり、ある程度 大きくなってからのことでした。

その時私は、
 
 
大泣きしました。
 
 

すぐに自分だと分かったけれど、それまでは、自分も母と同じ顔だと思っていたんです。
毎日見ていた母の顔が、基準になっていたんでしょう。

なのに そこに映った顔は、「目と鼻が小さくて、ほっぺがぷっくりしてる~(大泣)」。
ショックを受けました。

母はそんな私に、「子供らしくて、それが可愛いんだよ。」と言ってくれました。

 

うーちゃも、自分の顔のこと、私とおんなじだと思っているのかな?
それとも、うさぎのお母さんかな?

 

web拍手·ひとことコメント

|

●への愛着

よく子育てしているお母さんが、自分の子供の頃を思い出すっていうけど、
私は、うーちゃと暮らしていると、自分の子供の頃そうだったな、と思うことがある。

それは、人間とうさぎに共通している、動物の本能なのかもしれない。

今日はそんな話。

 

私が本能で生きていた時代①
(シリーズになるかわからないけどとりあえず①)


さて、うさぎのを片付けて怒られたことがありますか?

 
 
 
私は、この気持ちが分かるんです。
私もそうだったから。
(いきなりカミングアウトですみません)


何歳の記憶かは定かではないけど、母が時々話していたから、今になっても覚えているんでしょう。

私は、うんちを持って行かれると泣きました。
母は、その時の私を見て、「どうして泣くんだろう。汚いものを片付ける人が可哀想だから泣いている。優しい子ね。」と解釈していたらしい。

でも、違うんです。


当時私は、言葉で上手く説明できなかったけど、
本当は、うんちと別れるのが悲しくて泣いていたんです。
じぶんのうんちに愛着を感じてね。

だから、うーちゃが、トイレ掃除をしていて不安そうにしてると言ってあげるの。

「うーちゃ、心配なの?
分かるよ、お母さんもそうだったから。
お母さんね、自分のうんち持って行かれて泣いたことあるの。」



「ほらね、トイレ新しくすると、またいっぱい●できるよ。
良かったね。」

 

これって、本能!?それともヘンタイ!?

 


clover  ブログ村うさぎ  人気ブログランキング  web拍手·ひとことコメント  clover

| | コメント (17)

天使になったうさぎ

うさぎは、天の使いで、
神様が人間に、愛と優しさを届けてくれる。


―― いつかどこかで聞いた。

可愛いからだの中に、愛情をいっぱい詰めて、
人間のもとにやってくる。

けれどもそれは、弱くてはかなくて、
いつか天に帰ってしまうんだ。


もし、神様にお願いができるとしたら、
うさぎの命をもっと長くしてください、って言うだろう。
もっと、人間とたくさん暮らせるようにしてください、って。


でも、神様だって、きっとうさぎが大好きなんだ。

うさぎが、可愛すぎるから、
神様と人間が、取り合いをしてしまうのかもしれない。

ネットをしていて、勇気づけられることがある。

ブログをしたり、掲示板で交流したりすると、
家のうさぎのことを、誰かが見てくれる。

飼い主しか知らないうさぎのことを、どこかの誰かが知っているんだ。
想像できないくらいのたくさんの人と、思い出を共有している。
すごいことだと思うんだ。

ブログが不定期で、お友だちのうさちゃんの訃報を知っても、
何もできないことが多かった。

けれども、突然お別れするときがきても、
ずっと覚えていたい。

愛する人の心の中で、
永遠に生き続けて欲しいと思う。

 


clover  ブログ村うさぎ  人気ブログランキング  web拍手・ひとことコメント  clover

|

何でもうさぎに見える人の脳内

耳鼻科に行くと、毎回と言っていいほど子供が泣いている。
ヘンな管を入れられて、じゅるじゅるされたら、そりゃ泣きたくなるだろう。

子供は嫌いじゃないけど、以前は騒々しいと思ったかもしれない。
けれども最近は違うぞ。

その子供を見てニッコリ、お母さんと目が合うと、微笑んでしてしまうんだ。


zzz

それなりの年になって、母性本能が芽生えてきたのか?


というと、そうでもないらしい。

私の脳内は・・・ ↓



<妄想:うーちゃが診察を受けているところ>

うーちゃが泣いている。 「ぅわ~ん、ぅわ~ん・・・。」 ・゚・(つД`)・゚・


むすぅ~

うーちゃ、どうしたの?恐いの?
よしよし、おぅ~よしよし。
恐くないからね。

嫌なの?
がまんね。

いい子ね。
よしよし・・・

 :

 :

って、なんでも うーちゃだな。。。(・x・*U⊇。


clover  ブログ村うさぎブログ  人気ブログランキング   clover

|

月曜の朝

土日べったり過ごすので、月曜の朝は切ない。
うーちゃは、週末と平日をどう思ってるんだろう。
みんながいる日といない日がある、と思っているのかな。
理由がわからないから、私以上に寂しいのかもしれないな。


clover  ブログ村うさぎブログ  人気ブログランキング   clover

(コメント欄、1回休みます。)

|

ペットの介護か仕事か

別の会社で、一緒に仕事をしているKさん(女性)の話です。
何ヶ月か前、打ち上げをしたとき、ペットの話になりました。

彼女は、老犬のミニチアダックスを飼っていて、

「もしこの子が、将来介護が必要になったら、
会社なんか辞めて、家で一緒にいてあげてもいいと思う ・・・」と。

 
そういえば、何年か前、私も そんなことを言っていました。

今は うーちゃも若くなって、仕事の状況も変わったけど、
同じことが言えるだろうか ・・・。

  :

私は、自信がありませんでした。
したい気持ちと できない気持ち、両方の間で、葛藤するんじゃないか。

 
また別の日に、彼女の会社に行ったら、
職場にミニチアダックスを連れてきていました。

足が悪く、ケガの傷口を齧って、出血してしまったそうです。

会社にペットを連れてくる、
なんて理解のある会社なんだと思ったのと同時に、
「その時」が近いのだと、感じました。
 
 
そして、今月、彼女は会社を辞めます。
 
 
彼女は、先月結婚しました。

理由はひとつではないかもしれないけど、
潔いな ・・・。

彼女の背中を、ポンと押したくなりました。
 
 
お幸せにね。
 


clover  ブログ村うさぎブログ  人気ブログランキング   clover

| | コメント (18)

頭の中がうさぎでいっぱいになったある人のつぶやき

ある日のことでした。

仕事の帰り、私は電車で座っていると、
小さい男の子とお母さんが 乗ってきました。

二人は扉の近くで立っていましたが、
しばらくして、男の子が疲れてぐずつき、
「抱っこ~」と、せがみました。

お母さんは、甘やかすことなく、
「もう少しだから、我慢しなさい!」と厳しく しつけていました。

好き勝手にしている親子が多い中で、
そのお母さんの凛とした態度が、私の目に新鮮に写りました。

男の子は、何度も抱っこをせがみ、
そのたびに叱られ、とうとう泣き出してしまいました。

「ママ~ダッコ~ crying  ダッコ~ up 」 





怒られても、泣いても、「ママ」なんだ ・ ・ ・

ママが、好きなんだな ・ ・ ・

私は、ぼんやり眺めながら考えていました。
 

小さい子供は、怒られたくらいでは、お母さんを嫌いにならない。

知恵が付けば、「ぼくのこと嫌いなんだ」と思うかもしれないけど、
幼い子供は疑いもなく、お母さんが大好きなんだ。


いつも、愛情をいっぱい注いでもらっているからかな?

本能なのかな?

お母さんのこと嫌いになったら、生きていけないものね。




うさぎも同じだ ・ ・ ・
 
 
 

 
うーちゃは、私のこと大好きだよね。


お母さんは、私なんだ。
愛情をいっぱいあげるよ。

私を信じて、慕って、頼ってくれる。
うーちゃにとっても、私がすべてなんだ。


clover  ブログ村うさぎブログ  人気ブログランキング   clover

| | コメント (22)

一ぴきのうさぎに人生を捧げた夫婦の日記

うさぎにとって、10歳は目標にしたい年齢。

7歳以上のうさぎさんを見かけると、飼い主さんにも頭が下がります。

愛兎には、いつまでも健康で長生きして欲しいものです。

「うーちゃ、頑張って10歳になれるかな。」

こんなことをつぶやいて、ふと···思う。

10年後、自分は□△歳、ダンナは△□歳···。
さらに、何代目かのうーちゃと暮らす頃には、何歳になっているんだろう。

いつまでも、うーちゃと暮らしたい。
ボケたとしても、せめて、うさぎの世話をするくらいの意識は持っていたい。
ボケたら、うさぎ語で「ブーブー」言ってるかな?

何かをやり遂げたわけでも、立派な人になってるわけでもないだろう。

それでも、いいのかな。

一緒にいるだけで、癒されて、穏やかな気持ちでいられる。
そんな存在に出会えたというだけで、幸せなんだね。


clover  ブログ村うさぎブログ  人気ブログランキング   clover

|