« 歯切りしました | トップページ | うさフェス目印 »

歯切り1回目(詳細)

詳細の覚書きです。

< 検査 >

当日の負担を軽くするため、検査はすべて別の日に済ませておきました。
異常はありませんでした。

・ 頭部(歯)のレントゲン 3枚
・ 全身のレントゲン 2枚
・ 血液検査

[ 診察料 ] 約26,000円
(再診料1,500x2日+レントゲン(歯)3,800+(体)3,500+血液検査15,000(外税))

< 当日>

・ 説明と準備 ( 10分 )

前もって話を詰めていたので、この日の説明は簡単に。
全身麻酔で処置をしてもらうよう私の意志を伝えていたので、念書などは書きませんでした。

・ 前麻酔 ( 20分 )

診察台で、私がうーちゃを抱えたまま、先生が背中に注射をしました。
始めは、私の服を掘り堀りして抵抗していましたが、そのうちにぼんやりして力が抜けてきたので、うーちゃを診察台におき、手を添え、そっとしてあげました。

待つこと20分。目はトロンとして眠っている様子。
鼻はピクピクせず、ゆっくり「スースー」という呼吸音が聞こえます。
お腹は動いていました。

・ 本麻酔と処置 ( 10分 )

うーちゃは、私の元から離れて、手術室へ連れていかれました。
吸引麻酔で本麻酔をかけました。

先生が一旦私を呼び、歯の様子を見せてくれました。
うーちゃは、目を開けたまま意識はありません。

その後、私は退室。先生がタービンで歯を削りました。

・ 処置後 ( 15分 )

処置が終わったら、うーちゃを再び私の腕に戻してくれました。
意識が もうろう としていながらも、私にしがみつこうとしています。
先生も、「大丈夫ですね。nonaさんを認識していますね。」と。

抱っこでは体勢がきつそうだったので、診察台の上に乗せてあげました。
手足がふらつき、立ちたいのによろけてしまうのが辛そうだったので、手足を正しい方向にたたみ、座らせてやったところ、安定したようです。

まだぼんやりしていましたが、15分くらいして持ってきたキャリーに入れました。
すると、あら?ペレットを食べ始めました。

寝ぼけたような状態で、喉に詰まらせたりしないか心配でしたが、ちゃんと食べてます。
ひとまず、安心しました。

うーちゃは、そのまま半日 病院に預け、夜迎えに行きました。

< 歯の状態と処置 >

問題の左上第一臼歯は、歯茎から出るなり、湾曲し、ほっぺに向かって伸びていました。

歯がゆっくり伸びて、ほとんど動かなかったため、傷にはなっていませんでしたが、ほっぺの肉は凹んでポケットができ、食べカスが詰まっていました。

歯軸は傾き、ぐらついていました。

簡単に抜けるようなら抜いてしまうそうですが、先生の力加減で、軽く引っ張ったくらいでは抜けなかったため、まだしっかり生えていると判断して、抜歯はしませんでした。

そこで、上の歯は、歯茎スレスレにカットし、外側を細かいドリルで面取りしました。
下の歯は、高さを短くしました。

歯全体のバランスを見ながら、ほぼ全ての臼歯を削ってきました。

< 薬 >

・ 抗生物質(ほっぺと歯茎が化膿しないように)
・ 口内を清潔に保つ薬

を、1週間分 処方してもらいました。
痛み止めや食欲増進剤は入っていないようです。

< 術後 >

家に帰ってからも、元気にしています。
歯は食べやすくなったようで、食欲は増して来ました。

[ 診察料 ] 約32,000円
(再診料1,500+麻酔料12,000+処置料15,000+内用薬2,000(外税))

|

« 歯切りしました | トップページ | うさフェス目印 »

不正咬合」カテゴリの記事

健康と病気」カテゴリの記事